パレオダイエットに最適なメニューの一例

パレオダイエットに最適なメニューの一例

パレオダイエットについて、ご存知ですか?「聞いたことあるけど、良く知らない。」と言う方や、「初めて聞く言葉です。」とおっしゃる方が、ほとんどではないでしょうか。まだまだ一般の認知度は低い言葉ですが、実はこのダイエットは、50年以上前からある方法です。

 

この方法だと、肉や魚を好きなだけ食べていいので、最近、とても人気が出てきているのです。「パレオ」とは、旧石器時代を意味する言葉の略で、パレオダイエットとは、「旧石器時代の食生活を取り入れたダイエット方法」のことです。旧石器時代には、簡単に言えば、「山に自生する野草と木の実」と、「海で取っった貝や魚」と、狩りで取ったマンモスなどの野生動物の肉」を食べていました。

 

肉は好きなだけ食べてOK

現代人のように、パンやお菓子とは無縁ですし、ベーコンやハムなどの加工食品とインスタント食品なんて、もちろん、食べていません。つまりパレオダイエットは、旧石器時代の食生活を真似て、パンや米・パスタなどの糖質と食品添加物を含んだ食品を制限する一方で、肉(タンパク質)は好きなだけ食べて良いダイエット方法です。
パレオダイエットに最適なメニューの一例

 

農耕生活が始まってから食べるようになった穀類を制限するので、米と小麦製品を制限することになり、結果的に糖質制限ダイエットとも似ている部分があります。糖質を制限することで血糖値が上がりにくくなり、結果的に脂肪を増やしにくい体質になります。

 

パレオダイエットは食欲が抑えられる

また、小麦に多く含まれているグルテンには食欲を増進させる効果がありますが、小麦製品を食べないので、食欲が抑えられます。そしてパレオダイエットでは、油も、加工されていない油だけを使います。抗酸化作用の強いオリーブオイルやグレープシードオイル、脂肪燃焼を助けるココナッツオイルは、使っても良い油です。

 

これらの油は身体に良い成分が多く含まれていて、美容効果やアンチエイジングの効果があり、ダイエットにピッタリです。パレオダイエットでは、ハムやソーセージなどの加工食品は食べませんが、肉は好きなだけ食べられます。
     

 

肉を食べる、つまりタンパク質をしっかりと取ることで、身体の筋肉量と新陳代謝を落とさず、健康的に脂肪を燃やすことができるのです。

 

例えば、次のようなメニューはどうでしょう。

 

一日目は、「朝食:アボカドとトマトにオリーブオイルと塩少々をかけたサラダ、ゆで卵2個、昼食:レタスとオニオンのサラダにゆで豚をたっぷりのせて、夕食:人気の焼き肉店で思いっきりお肉を食べる、ただし、デザートや白ごはんは頼まないこと。」

 

二日目は、「朝食:トマトとレタスのサラダにグレープシードオイルと塩少々、昼食:マッシュルーム入りオムレツのアボカド添え、夕食:焼き鳥屋で好きなだけ食べる、ただし、焼きおにぎりやお酒は控えて。」

 

いかがでしょう。パレオダイエット、思ったより簡単でしょう?

 

楽しんで食べるだけで効果が出るダイエット方法、魅力的ではありませんか?

 

これまでにつらい食事制限で挫折した経験のある方にこそ、おススメです。