パレオダイエットは朝食など量やカロリー制限はありません

パレオダイエットは朝食など量やカロリー制限はありません

人気があるパレオダイエットのパレオは旧石器時代のことで、農耕か発達した約8000年前までの時代が旧石器時代で、パレオダイエットはその旧石器時代の人々の食生活を再現したダイエット方法なのです。

 

旧石器時代以降の約8000年間は人の遺伝子は殆ど変化がなく、現代の人がその時代の食生活で過ごすことは健康に支障はないのです。旧石器時代の食生活は工場などで生産されたケミカルや遺伝子組み換えなどを使った食べ物とは無縁の食べ物を食べており、自然界からの食べ物だけを食べていました。

 

パレオダイエットの基本的な考え方は、その食生活を実践することで石器時代の人々のような健康的で皮下脂肪の少ない体になることができるというものです。

 

パレオダイエットでは炭水化物を控えます。少量の芋類の摂取は可能で炭水化物はほとんど摂取しません。健康食品といわれる全粒粉や玄米なども含まれています。旧石器時代は農耕が栄える前で炭水化物は存在せずに1日のカロリーの55%を肉から摂取していたことになります。

 

パレオダイエットは炭水化物NG

この食生活で狩猟をしていたので現在の人もこの食事で生活は問題なくこなすことができます。穀類を控えるのはグルテンを含んでいることもあります。グルテンでアレルギーを発症する人も少なくなく、グルテンの過剰摂取によって内臓に炎症を起こすこともあるのです。また炭水化物を過剰に摂取することは肥満につながります。

 

パレオダイエットでは芋類を除く炭水化物以外に豆類、砂糖や塩などの調味料、乳製品、添加物や加工品などを一切摂取することはできません。豆類を除く野菜全般、肉、魚、果物、ナッツ、卵などを摂取します。
パレオダイエットは朝食など量やカロリー制限はありません

 

人工的なものではなく自然に近いもので肉はコーンではなく牧草を餌に育った牛などからの肉や、飲み物も御茶などを飲みます。また火を通した料理は可能なので、オリーブオイル、ピーナッツオイルやアーモンドオイルなどのナッツオイル、グレープシードオイルなどで調理します。

 

運動も必要です。原始人は走って狩猟をしたり石を持ち上げたりして生活していたため、ランニングやウエイトリフティングなどを行ないます。

 

パレオダイエットはカロリー制限なし、摂取する量の制限もありません。ストレスフリーのダイエットで旧石器時代の食事法です。シンプルなダイエットでもあるため、朝食、昼食、夕食を簡単な献立と調理法で成り立っています。

 

ダイエット効果も痩せることは当然のこととしても、体調が良くなったと実感するなど健康的なダイエットでもあります。量やカロリー制限などがないのですが食べても良い食材などは決まっているため、このダイエットを始めた時は慣れない食生活に気持ちが落ちてしまうことや間食をしてしまってダイエットができないことも考えられます。

 

即効性は期待できないダイエットですが、長期間にわたってゆっくりと続けることで体重が落ちていくダイエットでもあるため、焦ることなく無理せずゆっくり実施することが大切なダイエットです。