パレオダイエットの口コミ体験blog

セレブも実践しているという口コミから評判のパレオダイエットを体験

女優のミーガン・フォックスやアスリートたちも実践しているという口コミで評判のパレオダイエットを体験してみました。

 

旧石器時代の食生活をするダイエットと聞き、最初は簡単だと思って始めてみましたが、いやあ、なかなか大変。歴史のなかでいろいろな文明や文化の食習慣を身に着けてしまっている現代人には、はるか昔の超シンプルな食生活に戻るのは並大抵のことではなかったです。

 

まず、ごはんやパンを食べられない、というのは、今までも炭水化物抜きのダイエットにたびたび挑戦してきた私には、そんなに苦痛ではなかったです。
肉も魚も卵もいくらでもOKで、火を使って調理してもいい。これも肉や卵が大好きな私には好条件。

 

ただ、塩や砂糖を含む調味料がだめで、油も精製油ではなく、オリーブ・オイルとかナッツオイルでないとだめ。油は家にもあるオリーブオイル使っていいのでいいとして、調味料はやはり不便を感じました。ハーブみたいなものをいろいろ揃えてみましたが、こればっかりで味つけするのもちょっと物足りない感じがしました。結局、やたらレモンとか絞ってかけまくったりしていました。甘い味が欲しくなると、はちみつをかけてみたり。最初はいろいろとまどいも多いのですが、不思議なもので、これも慣れればまあなんとかなるのかという気もしてきました。

 

果物やナッツを食べていいというのは、いろいろな果物やナッツをそのまま食べれば満足できたので、楽でした。もちろん、ナッツは無添加なものです。ドライフルーツも無添加ならいくら食べてもOK。甘いものが食べたいときには結構食べてしまいました。まあ、これだけならばなんとか続きそうなものですが、一番つらいのは、飲料。

 

コーヒーもアルコールも牛乳もだめ。水とお茶だけです。なんといってもコーヒー好きで、酒飲みの私には、こればっかりは、きつすぎる。だったらパレオダイエットなんてやめればいいじゃない、ということですが、せっかくの挑戦なので、期間限定にして禁酒しました。

 

それからやっぱり私的につらかったのは、当然のことながら、ジャンクフード的なスナック菓子やスイーツがだめだということ。これも重々わかってましたが、スナック菓子を食べるのが大好きな私にはつらかった。本当に今の世の中、いろいろな情報や誘惑が氾濫していて、これらをすべて断ち切るのはかなり固い決心が要ります。ただ、これもお酒とセットでがまんするしかないかと、頑張った次第です。

 

そんなわけで結局、期間を限定して挑戦することで、パレオダイエットを体験してみたのですが、確かに短期間に成果か出ます。私の場合、情けなくも2週間弱ではありましたが、3.5キロ体重を減らしました。かなり気持ちもすっきりして効果はあったと思います。

 

食べてよいものが限られていることから、食材をそろえるのが大変だったり、お金もかかってしまうこともありますが、健康にはいいとは本当に実感しました。口コミで評判というのはわかります。

 

本当は期間限定というのはよくないですが、この現代社会のなかでいきなり無理な人も多いし、普通に社会生活を送っていれば、いろいろなお付き合いもありますから、時に決まりを破らないといけないこともあるでしょう。あまりに厳粛になりすぎても続かないと思います。

 

ただ、これをきっかけに、挑戦する回数を増やしたり、徐々に期間を延ばしていくというのはいいのかも。もちろん、やめた後の解放感からくるリバウンドには注意がいりますが。
もともとお米を主食とし、現代社会のいろいろな情報にどっぷりとつかっている日本人にはハードル高いですが、やってみる価値はあります。

 

人それぞれのやり方で、どこかでここは自分はOKにしよう、自分はこのやり方でいこうと、自分なりのルールを決めながら続けていくのがよいのではないかと思います。